先生

国民病ともいえる心筋梗塞は手術で治せる!

冠動脈の詰まりを解消

女性

心筋の細胞の衰えが原因

心臓からは、栄養分をたっぷりと含んだ血液が全身へと送り込まれます。心臓では、心筋が規則正しいリズムで収縮しているのですが、その勢いによって血液が押し出され、流れていくのです。心筋梗塞とは、この心筋の細胞が弱って、しっかりと収縮しなくなる病気です。収縮しなくなることで血液が押し出されなくなれば、全身が血液による栄養供給を受けることができず、弱っていきます。これにより生命を失う可能性もあるので、心筋梗塞は早めに治療する必要があります。心筋梗塞の直接的な原因は、心臓につながる冠動脈の詰まりにあります。ここが詰まることで、心筋自体が血液から栄養分をもらうことができなくなり、その結果細胞が弱っていくわけです。そのため心筋梗塞の治療は、この冠動脈の詰まりを取り除くという方法でおこなわれています。

血管の拡張や移植

心筋梗塞の治療では、多くの場合はカテーテルが使用されます。カテーテルとは、血管内に通すことのできる柔軟性のある細い管です。冠動脈は血液の塊によって詰まるのですが、カテーテルを通せば、それを冠動脈から除去することができるのです。さらに、動脈硬化によって冠動脈が細くなっている場合には、カテーテルがバルーンをつけた状態で挿入されます。そのバルーンを膨らませることで、冠動脈が拡張し、以後は血液が心筋へとしっかりと流れていくようになるのです。また、手足などから健康な血管を採取し、それを冠動脈として移植するという手術がおこなわれることもあります。この手術だと、カテーテル治療が困難というほど冠動脈が劣化している場合でも、心筋梗塞を治すことができるのです。

都内の名医の探し方

看護師

世田谷区の内科をお探しなら、患者さんの目を見て診察してくれるお医者さんを見つけましょう。また、心臓の疾患は心臓内科に該当する循環器科と心臓外科の2種類あります。薬で治すにしても外科手術を行うにしても、両方併設している医療機関だと安心です。

詳細を読む

日本で一番多いがん

病院

肺がんは、喫煙などが原因で肺の一部にがんができてしまうことで発症します。典型的な症状は、呼吸の乱れや胸痛などがあり、初期症状に気付かない場合が多いです。肺がんは肺の位置から転移しやすい特徴があるため、早めの対応が最も必要とされます。

詳細を読む

胃がんにならないために

カウンセリング

胃がんは、胃の粘膜の細胞がガン細胞に変わることです。移転の確率も高いので注意しましょう。胃の不快感がする時には検査をすることをお勧めします。我慢していると少しずつ症状が悪化して胃がんが発見されることも少なくありません。

詳細を読む